MVNOとは?そして、移行するときの注意点

MVNOとは、キャリアなど実際にネットワークのインフラを持っている会社から、ネットワークを借りてそれをユーザに対してサービスを提供する会社のことを言います。
実際に、キャリアよりもはるかに月の値段を安く抑えることが可能になっています。

MVNOの情報を確認できるサイトです。

キャリアだと月7000円以上かかることが大半ですが、MVNOであれば月2000円程度から使うことも可能になっています。

ただし、だからと言ってすべての人が移ることが推奨されるものではありません。


ここでは、MVNOに移ったほうがいい人と移らないほうがいい人などについて説明していきます。
まず、MVNOをやっていて最初の壁にぶつかるのはキャリアメールが使えなくなることでしょう。


現在は、クラウドのメールサービスなどがいくらでもありますので、使う必要はないのですが、昔からキャリアメールでやりとりをしている場合は様々なところに対してメール変更をしなければなりません。

また、キャリアのメールアドレスがないと使えないサービスなどもあったりしますので、そのようなサービスを使っている方は無条件にMVNOには移れない方といえます。
この壁に関しては、クラウドのメールサービスを使うことができるのであれば、それに越したことはありません。

また、現在ではアプリを導入すればクラウドのメールサービスでもPush通知を受けることは可能ですので、その点に関しては一定の知識があればメールアドレスの移行は可能でしょう。



もう一つの壁としては、キャリアの通信値段は月7000円とかなり高額な金額のように見えますが、実質的には端末料金が含まれている値段といえます。今まで2年に1回新しい端末を購入している人がMVNOに来ると月の料金の値段は下がっても端末代が高くなってあまり恩恵を受けることができない人もいるでしょう。



つまり、MVNOに移っていい人は、新しい端末を求めていない人ともいえます。
キャリアの端末を使って2年たったらMVNOに移行するのが一番安く済ますことができる例といえます。
また、端末の買い替えときでも現在では安い端末でそれなりに動くものも存在しています。そのような端末で問題なければMVNOを使っての最大のメリットである料金の値段を下げることが可能になります。

また、MVNOを使っていて問題になるのがネットワークが重い時間でキャリアよりさらにつながらなくなる点です。

これに関しては、キャリア側がネットワークを絞っているのが原因になりますが、ネットワークが重い時間に携帯を使いたい人にとっても不利な点といえるでしょう。


このように、MVNOには色々と移るには壁も存在しますが、月5000円安くなるという大きなメリットが存在しております。

月5000円安くさせることができるのは、他ではなかなかないでしょう。
上記の問題点に対して自分は問題ないと思うのであればMVNOに移ることも一つの手になります。