大手キャリアからMVNOへの移行が進んでいる理由

格安SIMを提供している事業者をMVNO(仮想移動体通信事業者)といいます。

最近は格安SIMとセットとして利用料金がかなり低く抑えられる格安スマートフォンを利用している人が増えてきていますので、その名前を聞いたことがある人も多いことでしょう。
なぜMVNOは安い利用金額を設定できるのかは、通信回線の利用状況が大手キャリアと異なるためです。

大手キャリアであるNTTドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社は自社での通信設備を有しておりその設置費用や維持管理費用などを支出しています。
安定した通信品質や充実したサポートなどのサービスの良さが大手キャリアのメリットですが、その分のコストが基本料金に上乗せされていますので割高に感じられるものです。その一方でMVNOは大手キャリアから通信回線などの設備を借りて自社ブランドのサービスを提供する形態です。
格安SIMを提供しています。

意外にも歴史は古く、一般的に携帯電話が普及してていた2001年には日本初のMVNOが登場しています。

現在では多くのMVNOが通信サービスを提供しており、大手キャリアからの乗り換えをする人も増え、格安スマートフォンのシェアはますます拡大しているという状況となっており人気が集中しています。


人気の理由はもちろんきわめて安い料金でスマートフォンが使えるということにあります。



格安スマートフォンの端末の中には格安SIMが挿入されており、大手キャリアにはない低料金のサービスを各社から選ぶことができるようになっています。

契約プランには多くの選択肢があり、それぞれのスマートフォンの利用状況に合わせて最適なプランを選ぶことができます。自分の利用の目的にピッタリと合っていればストレスなく安い料金でスマートフォンライフを楽しめるということとなります。


その他のメリットとしては、契約期間の制限についての柔軟さが挙げられるでしょう。大手キャリアの多くは契約期間に2年間の制限期間があります。



解約期間月以外の解約時には違約金が発生してしまい、その違約金は1万円前後となっています。



この違約金の設定によって、キャリアの乗り換えを伴う格安スマートフォンへの以降の障壁となっていることが問題となる場合があります。

しかし格安スマートフォンを提供しているMVNOであれば、契約の制限や違約金の発生がないケースも多く見られます。

音声通話付きの格安SIMを契約する場合には、ナンバーポータビリティーサービスによって仕様中の電話番号を変更することなく乗り換えることも可能であるということもメリットです。


従来の格安スマートフォンでは高スペックの情報端末を選ぶことができず、ヘビーユーザー向けではないという事も言われることがありましたが、最近はそのようなこともなくかなり性能の良い端末も選べるようになりました。

つまり初心者やライトユーザーの方から、ヘビーユーザーの方まで満足できるサービスが提供されているということが言えるでしょう。