MVNOが提供する、お得な格安SIMの魅力とは

MVNOとは、「MobileVirtualNetworkOperator」の略称で、仮想移動体通信事業者の事を指します。この事業者は一般的に日本ではプロバイダーの事を指し、各社とも良質の格安SIMのサービスを提供しているのが特徴です。

MVNOの業者では、キャリアで契約するスマートフォンよりもリーズナブルな維持費で維持することが出来るのが特徴です。
キャリアでスマートフォンを維持するためには1か月あたり7000円程度はかかりますが、MVNOで提供されているサービスでは、1か月あたり2000程度で通話機能も付けることが出来ます。



MVNOから提供されているサービスは、通話やデータ通信のサービスが提供されており、その品質の高さは高く評価されています。

その理由としては、3大キャリアから通信網を借り受ける形でサービスが提供されているため、大手キャリアと遜色ないクオリティのデータ通信や通話をすることが可能です。

MVNOは非常に加賀多いため、どの業者を選ぶかによって使い勝手や月々の料金は異なります。

比較サイトや口コミサイトなどを利用することで月々の利用料金や通信速度、カスタマーサービスの質などを比較することが出来ますので、月々の利用料金を下げたいと考えている方はこうしたサービスを利用して自分に合ったMVNOを決めています。

MVNOでは独自色の強いサービスが人気で、一定の期間内割引料金でサービスを利用することが出来たり、月々の利用料金が安い、家族で使うと割引になったりデータ容量を分け合える、使わなかったデータ容量を繰り越せるなど、使い勝手や費用面でユーザーに優しいサービスを打ち出しています。

MVNOで提供されている格安SIMは、白ロムまたはSIMフリーと呼ばれる端末に挿入することで格安スマートフォンとして利用することが出来ます。


このSIMカードはインターネットかMVNOのショップ窓口で契約することが可能です。



MVNOの各社ではライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いニーズにこたえたプランを打ち出しています。
高速通信が必要ないユーザーには低速にして使い放題にして料金を安くするといったサービスもあります。又、高速通信が使い放題というサービスを提供しているMVNOもあります。

使い方によってはキャリアで契約するスマートフォンよりもかなり安く利用することが出来るようになりますが、自分のライフスタイルに合わせて業者やプランを選ぶことで、よりコストパフォーマンスに優れたサービスを選ぶことにつながります。

MVNOは最近同業者の間で顧客の争奪戦が繰り広げられています。

価格的には横並びの印象がある格安SIMですが、各社とも割引の拡大や長期契約者への優遇など、独自のサービスを打ち出して顧客の流出を防いだり顧客獲得に乗り出しています。



申し込みはインターネット上から簡単にすることが可能で、設定も数分で完了します。