MVNOの利用料金が安く設定されている理由

最近はMVNOでスマートフォンを契約する人が増えてきました。


大手キャリアからの乗り換え組の人もかなりの数が含まれており、利用者の減少を感じた大手キャリアが、さまざまなサービスの拡充で流出をストップさせようと動きを見せるほどになっています。やはりユーザーにとっては「利用料金はできるだけ安くおさえたいもの」という傾向がはっきりと分かる状況となっています。

格安スマートフォンを提供しているMVNOとはどのような業者なのでしょうか。

正式名称を仮想移動体通信事業者というMVNOは、大手キャリアのNTTドコモやauなどのから電波通信設備を借りることで消費者が安くスマートフォンを利用できるようにしている業者です。



楽天モバイルやUQモバイル、ワイモバイルなど、一般的にも認知度が高くテレビCMなどで盛んに宣伝されている業者もありますが、大きな宣伝をせずに消費者にできるだけ安くサービスを提供できるように徹した業者も存在しています。

なぜ電波通信設備を借りるとコストが下げられるのかは、その設置費用や保守メンテナンス作業のコストが挙げられます。自前で多くの電波通信設備を有する大手キャリアの場合はそれらの維持管理にかなり多額の費用がかかっていますので新たに参入するということはコストの面で釣り合わず、借りて運営するということが遥かにコスト面で有利となるのです。

また大手キャリアと比較すると店舗数が少ないこと(業者によっては実店舗を持たないケースもある)で人件費や店舗の運営コストを抑えていることも安い料金で利用できるようになっている理由です。

大手キャリアのサブブランドとしてのMVNOが一般的でしたが、近年は異業種からの参入組のMVNOも増加してきています。

格安SIMで圧縮できる料金は、総務省の調査によると3大キャリアの利用者の平均で最も多かったのが8、000円台から10、000円までで、MVNOへの乗り換え後は2、000円台にまで下がっていました。



利用状況にもよりますが、半額以下にまで圧縮できるという可能性が高いということがわかります。

この利用料金の安さという観点からも、さらにMVNOへの乗り換えが加速することが予想されています。



その他のメリットとしてあげられるのは、契約プランが自分の利用スタイルに合わせて設定できるために無駄なく利用することができる点や、データ通信のみのプランであれば違約金の発生がないケースもありますので気軽に他のMVNOへの乗り換えができるなどの点です。


大手キャリアは丁寧なサポート体制であったり、自宅のすぐ近くにショップがあっていつでも相談できるという体制であったりと、サービス面という観点では大手キャリアに譲る部分もありますが、そこまでの手厚さを必要としないという人であれば積極的にMVNOを選ぶことがおすすめです。


劇的に料金が安くなり、その差額の分で自分の必要なサービスを受けたり趣味に使用したりという選択肢の幅も広がります。