MVNOに切り替えるときに注意してほしいこと

MVNOに切り替えるときに注意してほしいこと

確かに料金が安くなるのがMVNOになりますが、それだけで飛びついてしまうことがないようにしておきましょう。
あくまでも計画的に行うことが推奨されています。
ただ安いだけで求めてしまうと、やっぱり高くてもキャリアの方が良かったということも起こり得る話です。
そんなことが起きないためにも切り替えるときの注意点に関心を持ってください。

そうすることでMVNOに切り替えたことを満足することができるでしょう。

安さだけではなく、満足度も求めるのがMVNOの正しい切り替えになっています。

どんな使い方をするのかを最初に定義しておきましょう。

通信だけに特化した使い方をしたいと考えている人もいるでしょう。

WiFiを所有している人であれば、そんな風に考えるはずです。そもそもWiFiがあれば、MVNOが提供するSIM容量にも関心を持つ必要があります。

あるとすればむしろWiFiの方です。無料通話アプリで通話を楽しむようなケースがある場合も、通話SIMより通信SIMの容量に関心を持つべきですので、まず初めにMVNOで使うスマートフォンをどんな使い方をするのかを決めておくようにしましょう。そうすることで限りなく失敗は少なくなります。スマートフォンには通信だけではなく通話も必要と感じている人もいるでしょう。

そんなときに問題になってしまうのが電話番号です。
キャリアであればMNP携帯電話ナンバーポータビリティがありますので、そのまま引き継ぐことが可能になっています。

しかしMVNOの切り替えになると、MNP自体を活用することができないと考えている人も多いでしょう。


しかしそんなことはありません。MVNOでもキャリアで利用していた電話番号をそのまま使うことができます。


MNP予約番号を発行してもらい、手数料を支払う必要があります。

あとはMVNOに申告をするだけです。

電話番号を引き継ぐことによって、SMSも利用することも可能です。

無料通話アプリもあることから、SMSの機能も不必要と感じている人も居るでしょうが、意外な使い方もでき意外と便利ですのでこちらにも関心を持っておきましょう。

ただしキャリア決済やいままで使っていたメールアドレスは使えなくなります。キャリアと決別をすることになりますので、これは当然です。



今まで利用していた機能を使えなくなる可能性を持つのもMVNOであることをしっかり認識しておくことが必要です切り替えることでまず携帯電話の利用料金は安くなるでしょう。しかしそれだけではなく、失うことも多いのがMVNOでもあります。


その点をしっかり把握しておかないと、やっぱりキャリアの方が使いやすかったと感じてしまうこともあります。



だからこそ意外な盲点を把握しておくべきです。



高いキャリアに嫌気がさしてしまうのは仕方ありませんが、それだけでMVNOに飛びつかないようにしましょう。

じっくり見つけることがスタートになります。