MVNOに変更することで電話番号が変わる問題

いま使っているキャリアの利用料金に不満を持ち、格安スマートフォンに関心を持っている人も多いはずです。乗り換えを検討している人もいるでしょうが、そのときに大きな問題のひとつになってしまうのが電話番号になります。


2006年から始まっているMNP携帯電話ナンバーポータビリティを使うことによって、キャリアが変わっても引き継げることを多くの人が知っており、それを利用している人もいるでしょう。
しかし格安スマートフォンを提供しているMVNOに切り替えると、その制度を使うことができないと考えている人も多いはずです。

結論からいえば、MVNOに切り替えたとしても問題なく携帯電話ナンバーポータビリティを活用することができますので安心してください。


ただしその場合は選ぶSIMカード並びにプランによって変わってきます。

通信だけが専門のSIMカードになってしまうと、携帯電話番号そのものが必要ありません。

MVNOに切り替えるときは、通話のSIMの利用は必須となります。

また携帯電話ナンバーポータビリティの活用をする際は、手順をしっかりしていないと、電話が使えなくなることもありますので、そちらも確認をしておきましょう。手続きは実にシンプルです。
いま使っているキャリアでMNPの予約番号を発行してもらいます。

それを次回から使用するMVNOに転入をするだけで完了します。

ただしSIMロックの解除と違って、MNPは手数料が掛かりますので用意をしておきましょう。
キャリアによって変わってきますので、詳しいことはスタッフに聞いてください。



またスマートフォンを分割にして支払っている人もいるでしょう。キャリアとの契約はなくなりますが、その分割費用に関しては引き続き支払う必要がありますので、管理をしっかりしてください。
支払いを怠るようなことが起きると面倒なことになります。



ローンを組めなくなる可能性がありますので、しっかり支払ってください。

携帯電話の分割支払いを怠ることによって、信用情報に傷がつきローンが組めなくなっている若者が増えています。社会人になり結婚をしたりすると、ローンのお世話になることも多いです。
特に結婚になると大切なときにお金を借りることができなくなるようなこともありますので、十分気を付けてください。


携帯電話で人生が変わることもありますので注意するべき問題です。

MNPの変更手続きのタイミングには気をつけましょう。

できれば最初にSIMカードが送られてくるようにしておいた方が良いです。


MNOの変更はインターネットからも簡単にでき、その後の手続きも必要です。


MVNOにMNPの転入手続きをしたにもかかわらず、SIMカードが手元に届いていないことで携帯電話の利用ができなくなる可能性もあることから、それだけは避けるようにしてください。

手順を間違えなければスムーズに利用することができるでしょう。



意外と簡単な手続きになりますので、安心してください。