MVNOの選び方と利用するまでの手順

携帯電話の利用料金を安くすることができる事業者こそがMVNOになりますが、いまではたくさんの数があります。

そのなかで選ぶときに参考にしてほしい点がありますので、それを理解してから大手キャリアからの切り替えを進めるようにしてください。

どんなことでも言えることですが、安さだけの目的で飛びついてしまえば後で後悔することもありますので、慎重に運ぶようにしてください。

選び方として、もしいままでドコモのキャリアを使っている人であれば、スムーズなMVNOへの切り替えができることが多いです。MVNOが利用している通信回線がドコモの設備を使っていることが多いことから、今までキャリアでドコモの携帯を使っていたのであれば、そのままSIMカードを挿入することで使えるようになります。
キャリアの携帯電話によっては、その会社でしか利用することができないようにSIMロックが掛かっていることもありますので注意してください。


もし掛かっているようなことになるとロック解除が必要です。
解除自体それほど問題が掛かることではありません。



ただ面倒な手順を踏まないといけませんので、MVNOに切り替えるとき、まず最初に確認しておきたい事柄になるでしょう。

もちろんau系のMVNOもありますので、選ぶポイントとして注意して選んでください。



ただしSIMフリーの携帯電話を購入するつもりであれば、それらの問題は関係ありません。


どんなSIMを差し込んでも利用することができます。

通信だけではなく、通話もできるMVNOも増えてきました。
その際に気になるのが、電話番号の継続です。
MNPを使うことによって番号を引き継ぐことができますので、この点も知っておきましょう。キャリア間でしかMNP携帯電話ナンバーポータビリティを利用することができないと考えている人も多いですが、そんなことはありません。

MVNOでも引き継ぐことができますので、番号をそのままにしたい方はこちらを選択してください。

プランにも着目をしましょう。WiFiや自宅でスマートフォンを使うことが多い人であれば、そもそもSIM自体が必要ないケースもあるでしょう。


そんなときは当然ですが、MVNOへの切り替え自体もいりません。



キャリアと決別をするだけで良いです。

ただし外出先でも使いたい人もいるでしょう。

WiFiの容量を使い切ってしまい制限が出るようなこともありますので、余裕を持ったプランをSIMに持たせたいと考えている人もいるはずです。

そんな個々の事情にそってプランを選ぶようにしましょう。

ここにこそ、工夫をすることでさらに安くすることができるMVNOの使い方があります。MVNOを決め希望通りのSIMを選びカードが送られてきたら、いよいよ設定になります。
MNP予約番号を前もって入手し、アクセスポイントの設定をしてください。

SIMの説明書に詳しく記載をされていますので、その通りにすればまず間違いが起きることは少ないはずです。