カードローンの借り換えが流行っている

カードローンの借り換えをする方は意外と多いです。低金利ローンの登場により、金利引き下げのために乗り換える方が増えています。よくあるのは消費者金融から銀行に借り換えるパターンでしょう。銀行は審査が厳しいと言われていますが、実際は極端に差があるわけではありません。

消費者金融で借入できない方が、銀行の審査を受けたらOKだったという話は珍しくないのです。銀行カードローンに借り換えすると、金利を数%も引き下げることができます。それにより利息も減るので、支払いも楽になるわけです。借り換えにおいては、審査に通過できなくても大きなダメージではありません。

今まで利用していたローンを、そのまま使い続ければいいだけなのです。低金利ローンの審査に通過できればラッキーという感じでしょう。ダメ元で申し込みしてみたら、すんなり審査に通過したというケースは普通にあります。色々な消費者金融から借りている方なら、これらのローンを銀行カードローンで一本化するのもよいでしょう。

一本化は複数ローンを一本にするもので、思わぬメリットがあるのです。借入件数が減って返済が楽になりますし、低金利ローンで一本化すれば支払いの負担も軽くなります。さらに一本化することで、新たにローンを組むときに審査で有利になってしまうのです。これは借入件数と関係してきますが、件数が減ることで借入総額に違いはなくとも、審査でマイナス評価されにくくなるのです。

銀行カードローンは総量規制の対象にならないので、一本化するためには消費者金融よりも適しています。自社ローンのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*