納得いく中古車選びのポイント

中古車とはメーカーで製造され、メンバー登録されたもので、一般的に一度購入された車やレンタルされた車が再度販売されたものをいいます。また、販売店が試乗車としてメンバー登録した車でまったく乗車してない場合も中古車として分類されます。最近は車体の状態のいいものや走行距離が短いものも多く、新車に比べ安く購入できるという点で大変人気です。販売業者の中には、豊富な車種をそろえているところや購入後のメンテナンスなどを熱心に行ってくれるところもあります。

新車の購入と違うのは、一台一台、車の状態が違うので、車種、年式はもちろん走行距離や販売価格、車検証有効期限なども確認して車選びをする必要があります。わからない点はスタッフに細かく確認することで納得いく中古車購入ができると言えます。万一の場合、保証があるかどうかは業者によっても違うのでエンジンやブレーキなど走行にかかわる部分は特に保証期間の長いものがいいでしょう。できればエアコンなどの装備品も保証内容に組み込まれているのが理想です。

中古車を購入する場合新車同様、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税などがかかるので、購入時には自動車本体価格だけではく諸費用の確認もする必要があります。また、2年ごとに保安基準に適合しているかを検査する「車検」を行うことも必須でこの時も車の状況に合わせ車検費用が掛かることになります。事故やトラブルがないように中古車に乗るためにも車検はもちろんのこと、日ごろの整備も心がける必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*