二輪中古車購入について

バイクの中古車を購入するにあたって、注意すべきポイントが幾つかあります。まず初めに注意するべき事はエンジンの状態です。エンジンのかかり具合、アイドル時の様子、スロットルを開けた時の回転数の上がり方などエンジンが正常に回るかどうか確認しましょう。続いてはフロントフォーク、リヤサスペンションの状態です。

フロントフォークについては、オイル漏れや亀裂はないか、前に体重をかけ、フロントフォークが縮む時、伸びる時に減衰作用があるかどうかを確認。リヤサスペンションは亀裂やオイル漏れがないかをみましょう。続いてブレーキ関係です。ブレーキ液の量は十分かどうかや汚れすぎていないか、マスターシリンダーやブレーキホース、キャリパーなどから液漏れしていないか、バイクを押して前輪ブレーキをかけた時にしっかり止まるかなどを確認しましょう。

ブレーキパッドの残量も確認するとさらに安心です。ブレーキレバー、ペダルの遊びもしっかり見ましょう。中古車の場合、ブレーキの遊びが大きすぎたり、小さすぎたりする場合があり、危険だからです。クラッチレバーも同様に確認しましょう。

遊びが大き過ぎるとクラッチが滑り、小さ過ぎるとクラッチの断続が急になり発進時にエンストしやすくなってしまいます。チェーンの状態も重要です。チェーンの錆び、たるみを見ましょう。たるみ過ぎてると走行中にチェーンが外れる恐れがあります。

また、張りすぎているとチェーンが切れてしまう恐れがあります。錆びている場合は交換しましょう。最後はタイヤです。タイヤの磨耗状態、亀裂などの損傷を確認しましょう。

バイクにとってタイヤのグリップ力は命に関わる問題です。必ず確認し、磨耗しすぎてたり、損傷があった場合は新品に交換しましょう。以上の事を実践し、安全な中古車選びをしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*