中古車を高く売るときに知っておきたいこと

自分が乗っていた車を手放すときには中古車として売却することになります。10年以上前の車や走行距離が15万キロを超えてしまった車のようにほとんど価値がない車でなければ中古車として売却をすることができます。もし、売却をするのであれば1円でも高く売却をしたいと思うのではないでしょうか。では、中古車を高く売却するにはどうしたらいいでしょうか。

高く売却をする場合の条件ですが、自分が気をつけることとそうでないことがあります。まず、自分の力でどうにかできることとしてはあまり走行距離を多くしないことです。1キロや2キロ多くても値段に影響はありませんが、1万キロ多いと10万円は安くなります。もし、将来的に売却をするのであれば無駄に走行しないことです。

また、キズがついていると売却をしても価値が下がります。キズと言ってもたとえば、ドアの扉のところについた爪の細かい線のようなキズはほとんど売却価格には反映されませんが、電柱にこすってしまったときにできたキズは査定ではマイナスになります。いくらマイナスになるかはどのくらいのキズをつけてしまったかにもよります。10万円から場合によっては50万円ぐらいのマイナスになると考えておきましょう。

一方で、自分の力ではどうにもならないことの一つに色があります。同じ種類の車で同じ走行距離、状態が同じ車でも黒やシルバーは人気が高く高値で売れるのです。このように自分で気をつけておくこととそうでないことがありますので、気をつけておくべきことを普段から留意しておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*