なぜ中古車を買った方がいいのか

車を買う場合には中古車と新車がありますが、日本では新車の販売台数に対して中古の車の販売台数もかなり多いのです。中古の車というと古いイメージがあるかもしれませんが、意外とお得な面も多いのです。では、中古車を買うメリットはどのような点でしょうか。まず、意外としっかりとした作りになっていて一部の車を除いてはそう簡単には壊れないことです。

よく、海外で日本の中古車が売られていて、外車に混じって日本車が走っている光景を見たことがある人もいると思いますが、とにかく日本の車は故障がないことで有名で、外国の新車を買うなら日本の中古の車を買いたいと望んでいる人も少なくはないのです。その例からもわかるように、中古車は過去に人が乗っていた車というだけで故障しやすいわけでもなく、どこかに欠陥があるわけでもないのです。ただし、例外的に事故車が売られていることがあります。事故車は販売会社が申告することが必要になりますので、よほど悪質な業者以外はしっかりと申告しています。

同じタイプで同じ年式、同じような走行距離の車2台があり、片方が無事故車で片方が事故車の場合には50万円ぐらいの値段の違いが出てきます。このような例外を除けば安い価格でよい車を手に入れることができるのです。では安く中古車を手に入れる方法はあるでしょうか。できるだけ質を落とさずに安い車を手に入れるとすれば、色にこだわらないことです。

人気色と人気がない色では5万円から10万円ぐらいの価格差がありますので、あえて人気色を避けると質を落とさずに車を購入することができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*