Skip to content

お中元のマナーのポイント!

お中元とはお世話になった人へ、感謝の気持ちと、これからも宜しくお願いします、という意味を込めて贈るギフトの事です。お中元を贈る時期は、地域によっても多少の違いはありますが1年の上半期の終わりである7月~8月の間に贈り、もし時期を過ぎてしまった場合には、のし紙の表書を暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ります。一般的に贈る相手は自分よりも目上の人になりますので、仕事では取引先や会社の上司などに贈り、それ以外には親族や友人に贈ることもあります。贈る物として絶対にしてはならないのが、目上の人に商品券や調味料といった物は失礼にあたるので贈ってはいけません。

相手が貧困という意味を含めてしまうので気をつけましょう。お中元はお祝い事ではなく、感謝の気持ちを伝えるものなので相手が喪中であっても気にする必要はありません。ただし、四十九日があけていないような場合には、時期をずらして暑中見舞いとして贈るなどの配慮をし、のし紙は紅白の水引きを控えたりすると良いでしょう。お中元の本来の渡し方としては先方へお伺いして直接渡すのが正式な渡し方ですが、最近では配送が一般的になってきています。

配送で贈る場合には商品が届く頃に合わせて、送り状を別送するのがマナーですので気をつけてください。いただいた時には、お礼の挨拶をしましょう。封書でお礼状を出すのが礼儀ですが、親族の場合には電話やメール等で返事をしても良いので、必ず返事を返すのを忘れずにしましょう。以上がお中元の最低限のマナーになります。

贈る時にはこれらを意識して贈り物をし、相手の事を考慮して失礼にならないように気をつけてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です