Skip to content

なぜハムはお中元の品物の中で人気なのか?

世間一般ではお中元の時に貰って嬉しい品物といえば、商品券やビールが多く、ハムや菓子類やカタログギフトもそれなりに人気があります。贈りたい品物では、ビールや菓子類が多く、ハムやジュースや調味料もそれなりに人気です。商品券を贈ってしまうと、相手に施しを与えた気分になり失礼に当たります。お中元の人気のある商品の一つにハムがありますが、ものによっては生でも食べる事が出来ますし、調理して食事の一品にするのも最適です。

美味しいものだから人気があるのは事実ですが、日本にハムが誕生したのが明治5年で、明治天皇に贈物として献上した事から、天皇に差し上げるほどの高価な品物という印象がついているからです。日本に誕生した当時は相当な高価なものでしたが、今ではそれなりの価格で購入できるようになっているものの、昔からのイメージが残っているため相当な人気があります。お中元のカタログにも色々なハムの詰め合わせが掲載されていますが、高価という印象以外にも、ある程度の保存期間がある事や、開封してすぐに食べられる事も人気のある理由の一つです。突然の来客があった時、食事をして貰う事になった場合、簡単に料理ができて見栄えも良い食品があると便利です。

お中元で貰って嬉しい品物と、贈りたい品物で認識のズレがありますが、贈る方は相手に日頃の感謝を示したいので、縁起の悪いものを選ぶわけにはいかず、贈る品物の意味を考える必要がある部分も影響しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です