Skip to content

送る時期などを外さないように気を付けるべきお中元

近年季節感が徐々になくなってきていますので、お中元やお歳暮の時期について明確に把握している人も少なくなってきています。しかし、そもそも目上の方に日頃の感謝を伝えるために送るものですので、時期を外して送ってしまうと失礼にあたりますので気をつけなければなりません。また、会社の取引先へ送る際なども、時期を間違ってしまうと個人の恥では済まずに会社が恥ずかしい思いをしてしまいますので、送る時期には気を付けておくようにしましょう。お中元は関西と関東で時期がずれてきますので、どちらに送るのかによって送るべき時期も変わってきます。

関西と関東とではお盆の時期もずれますが、関東であれば7月半ばごろまでには、関西では8月半ばごろまでに送るように手配しましょう。お中元で何を送るのかは悩みところです。一般的には食べ物が送られますが、相手の趣味趣向に合わないものを送るわけにはいきませんので、先方の好みを知っておく必要があります。しかし、最近はアレルギー体質の方も増えていますので、アレルギーを引き起こす成分が含まれているものは避けたほうが無難でしょう。

先方が留守がちであったり、予定が把握できない場合は生ものも避けるほうが良いでしょう。結果として受け取りが遅くなってしまった場合に、鮮度が悪くなってしまいますので、受け取る相手の立場に立った贈り物である必要があります。個人のお宅に送るのではなく、お世話になっている会社などに送る場合は小分けされていて分けやすい贈り物など配慮も必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です