Skip to content

実家の両親の心も温まるお中元を選ぶ

独身で両親と一緒に住む人ならまだ馴染みはないとしても、人生の一大イベント結婚を機に、季節が来たら贈るようになるケースも多いのがお中元です。贈る対象は幅広いですが、基本的にお中元は両親をはじめ親戚などに贈ります。感謝の思いをギフトとして表しますので、頻繁に行き来する仲であっても実家にも贈るのが基本のマナーです。良いところは自分の実家という気楽さであり、親ですから嗜好品も心得ていますし、直球で何が欲しいか質問しても構いません。

自分の息子や娘となれば、両親の方でも正直にあまり遠慮なく、食べたいものや飲みたいものなどをリクエストするはずです。いつか結婚をして親元を離れることになりますが、親としてはさみしい気持ちがあり、子供としても親のことは心配になります。育ててくれたことすべてに感謝の思いしかない親という存在ですから、その思いとともに真夏の暑さなどに負けぬよう、いつまでも元気でいてほしい願いも込めてのギフトです。お互いの相手を尊敬し思いやる気持ちがあってこそのお中元ですので、実家で荷物を送る親も心が温まります。

費用面でいうと実家ならば5千円ほどを目安にして、そのうえでほしい商品を質問です。すでに趣味嗜好は把握済みであれば、確実に喜ぶものの目安をつけて、費用面にも考慮しつつ買い物をして発送をしてもかまいません。大好きな両親の顔を思いうかべながら、最も喜ぶのは何か見当をつけてお中元は選ぶ事です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です