Skip to content

お中元の起源と百貨店で選ぶ魅力について

お中元は道教の年中行事である「中元」が期限です。親類縁者などにお供えする習慣から始まり、感謝の気持ちをご挨拶にかえて贈り物をする習慣へと定着しました。送る時期は地方によってやや違いはありますが、7月上旬から15日ごろまで送るのが本来の習慣とされています。この時期を超えると暑中見舞いや残暑お見舞いに変えないと失礼に当たるため注意が必要です。

贈り物の内容は「お供え物」の意味を持っていることから食べ物が中心です。夏の始まりや季節を感じさせてくれるものが定番で、フルーツやアイスクリームのような清涼感のある者が人気です。何より相手が喜ぶものを選ぶことが最も大切と言えるでしょう。最近では購入する場所をネットで手軽に行えるのが魅力です。

一方で実際に目で確かめられる百貨店のお中元は、この時期になると催事として行われるため色々な商品をまとめて見て選ぶことができます。また百貨店でお中元を購入すると、次の年からカタログが送られてくるようになります。ウェブの画面で見るよりも付箋でチェックしたり、送り忘れをしにくくなるのが便利な仕組みです。また手続きの際に昨年送ったリストも把握していて、いちいち自分で覚えたりネットで昔の購入履歴を詮索せずにすんだりできるため相手への贈り物を選ぶことだけ注力できます。

色々なものがネットを通じて便利にはなりましたが、相手の顔を思い浮かべながら実際の商品を手に取って選ぶ楽しさはネットでは得られない魅力の一つと言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です